ワンピースについてまとめていきます。ストーリーの要約、伏線などの考察などを書いていき、よりワンピースを楽しめるようなことを発信していきます。
感想

960話の感想と考察、第三幕のキーパーソンはおでんと傳ジローか

こんにちは、ヤミーです。今回も少年ジャンプに連載中のワンピースについて、まとめたり考察をしていこうと思います。

ワンピース960話が公開され、ついにおでん様の姿、そして若かりし傳ジローの姿も掲載されました。

また若かりし錦えもんやお鶴、そのほかにも色々出てきて、また白猪、そして山の神と色々な人物やワードやらが出てきています。

今回はそれらをまとめていきたいと思います。

広告

960話のあらすじ

960話は今から41年前(ジャンプ掲載時は39年前となっていたが、誤植)の花の都から始まります。

この時はまだワノ国は緑豊かな国で人々も活気に溢れていました。

とあるチンピラどもが、大金を得るために白猪の子供をさらってきて、茶屋で話しているところ盗み聞きした錦えもんが、子白猪を奪いとります。

この子白猪のせいで、とんでもないことに・・・

一方かつ蔵という人が火葬されている火で、一人の男がおでんを作って食べています。

この男こそ、おでん様です。

おそらくかつ蔵はおでん様の友で彼なりの供養なのですが、周りには理解されません。

おでんを食べ終わり、酒も供え、火葬場を離れます。

そのとき、街が騒がしいことに気がつきます。

大きな猪が街を破壊しながら突進してきているのです。

子供の白猪を取り戻すために。

このことを錦えもんは傳ジローから聞き、慌てふためいてしまいます。

その二人の会話を偶然おでん様が聞き、子白猪を渡せと彼らに言います。

と言った感じで、960話は終わります。

広告

キーパーソン

おでん様

おでん様初登場

まず一人目のキーパーソンはおでん様です。

これまで彼の功績などは語られてきました。

今回人柄なども描かれています。

今の所良い印象を与えるものではないですが、わざとでしょう。

花の都を救う展開になりそうな場面で終わっていますので、このようなことが続き、色々な人から人望を集めていくことでしょう。

傳ジロー

傳ジロー初登場

傳ジローの姿が、若い時の姿ですが、初めて描かれました。

このタイミングで出てくることから、今後重要な人物になることが予想されます。

キャラクターとしては、お金の支払いをちょろまかすなど、お金にがめつい、そして、錦えもんと仲が良い。

錦えもんと仲が良いのに現代では出てきていないので、もう死んでいるか、別名で出てきているか、どちらでしょうか。

広告

白猪

子白猪  親白猪

突然出てきました白い猪の子供と親。

親は山が動くと言われるほど、大きな猪です。

おでん様は川を動かせるほどの人物なので、食い止めることができるでしょう。

これだけのことが、過去の一件だけで終わるとは思えません。

親猪か子猪かわかりませんが、現代に関わってくると思います。

もしかしたら、親猪をカイドウやオロチが殺し、その恨みを子猪が晴らすなんて展開もあるでしょうか。

広告

おでん様は能力者?

おでん様の過去の逸話として、井戸の枯れた町のために川を動かしたというのがあります。

しかも、14歳で。

悪魔の実の能力には、モーリーのオシオシの実のような地形を変えるものもあります。

それと同じような能力なのか、それとも違う能力なのか。

ほとんど情報がないため、推測するのが難しいですが、強力な能力を持っているのでしょう。

自力だったらすごいです。

広告

まとめ

ワンピース第960話にて、ついにおでん様と傳ジローの姿が出てきました。

ワクワクするような内容で、おでん様の力(能力者?)や傳ジローの今の姿がどのようになるか楽しみです。

また白猪や山の神など、まだまだ不明なところも多いので、今後も楽しみです。

アニメを見逃している方は、U-NEXTで!

U-NEXTでは、アニメ版が全話見れるのはもちろんのこと、映画版やTVオリジナル版もすべて見ることができます。
また、コミックスや考察本などの電子版も購入することができますので、とても便利です。
それだけでなく、ほかのアニメや映画、ドラマも見れますので、お得です!

感想
ぜひフォローをお願いします!
広告