ワンピースについてまとめていきます。ストーリーの要約、伏線などの考察などを書いていき、よりワンピースを楽しめるようなことを発信していきます。
考察

空白の100年について

こんにちは、ヤミーです。

今回も少年ジャンプに連載中のワンピースについて、まとめたり考察をしていこうと思います。

ワンピースの物語において、「空白の100年」は重要なキーワードの一つであり、何が起きたのか、最も謎な事柄の一つです。

この空白の100年に何が起きたかが、明かされるのは終盤になるかと思いますが、今回は空白の100年について、考察というか考えたので書いていきたいと思います。

ネタバレあります。

妄想中心です。

広告

空白の100年とは

空白の100年とは、ルフィが現在旅している時間を中心とすると、約900年前〜約800年前までの100年間のことで、何が起きたのか歴史から消されている期間です。

この空白の100年の間にとある「巨大な王国」が滅ぼされ、滅ぼした連合国の20人の王たちが世界政府を作り、ネフェルタリ家を除く19の王族が天竜人となります。

そして、この100年のことを歴史に残さないようにし、また、何があったか探ることも禁じられてます。

ロビンがいたオハラの考古学者たちは、空白の100年のことが書かれてるポーネグリフの解読を行い、街ごと消されました。

ワンピースの世界では、かなりの機密事項となってます。

広告

空白の100年で何が起きたか

空白の100年では、何かしら起こり、戦争が起こり、巨大な王国が滅びました。

その一連の流れが、世界政府にとって不都合なので、歴史上では無かったことになってるわけです.。

問題はこの不都合なことって何だってことですよね。

なぜ戦争が起きるか

実際の世界において、戦争が起きる理由はいろいろありますが、主に、

  • 相手国の土地や資源などを求め、
    奪い取る「侵略戦争」
  • 宗教間の相違により、
    争いが起こる「宗教戦争」
  • 相手が攻めてきたことにより、
    防御するための「防御戦争」
  • テロ組織や国際社会の安全を脅かす
    国家に対し、武力で抑えつける「制裁戦争」

などがあります。

「空白の100年」の場合は?

ここで考えられるのは「連合国による侵略戦争が起きたのではないか」ということです。

ワンピースの世界では、宗教の話はほぼ出てこないですし、制裁戦争、防御戦争であれば、「巨大な王国」を悪として、歴史に刻むはずです。

なので、連合国が巨大な王国のなにかを求め、侵略し、滅ぼしたと考えるのが妥当かと思います。

広告

なにを奪おうとしたのか

ワンピースの世界で、どこから来たのか分からないものがあります。

それは悪魔の実です。

私が考えるに、悪魔の実は、元々「巨大な王国」にあり、それに目をつけた20の国々が、侵略戦争を起こしたのではないでしょうか。

あらすじとしては、

  1. ある巨大な王国には門外不出の
    不思議な能力を持った者が大勢いた
  2. 他の王国も欲しがったが、
    伝達できるのは王国民のみだと思われていた
  3. 伝達条件が分かり始め、
    他の国民でも伝達可能
  4. 戦争が起こる

と言ったところでしょうか。

根拠はないので、こうだったら面白いなぁってかんじです。

広告

まとめ

空白の100年では、悪夢の実(能力)を奪うための戦争が起きた期間なのではないかと私は思います。

悪魔の実については、解明してないことも多いので、これについても考えようと思います。

悪魔の実の伝達条件について考えてみました。

 

アニメを見逃している方は、U-NEXTで!

U-NEXTでは、アニメ版が全話見れるのはもちろんのこと、映画版やTVオリジナル版もすべて見ることができます。
また、コミックスや考察本などの電子版も購入することができますので、とても便利です。
それだけでなく、ほかのアニメや映画、ドラマも見れますので、お得です!

考察
ぜひフォローをお願いします!
広告